”マイホーム買おうかな”
そう思ったときが、あなたに適した購入のタイミングといえます。

ワクワクする気持ちと同時に、
「でもなぁ」といろんな不安が
頭をよぎる人も多いのではないでしょうか。

数千万円という価格
何十年にも及ぶ住宅ローン
この先の仕事の目処
この先の自分や家族のこと

10年後の自分でさえ、想像できない。
これは『当たり前』といえます。

だからこそ、
自分に向き合い、よく考えることで
10年後、20年後に違いがでてきます。

自分の場合賃貸と購入するのとどっちがいいか
ローンや家計は大丈夫?
どんな物件を選べばいいか
どうしたら失敗しないのか

一番キケンなのは、まず物件を探し始めること。

せっかく大きな買い物をするなら
家計の負担なく、ゆとりがあって
いざという時に、手元に資金が残り
その資金で次のステージにつなげられるような
買い方をするのがおススメです。

とはいっても、
マイホームを購入する理由も、価値観も、事情も人それぞれ。

あなたに最適なマイホームを見つけましょう。

失敗しないマイホーム購入とは

失敗したり、後悔する”よくある原因”に挙がるのが以下になります。

  • 後先考えず、勢いで買ってしまった(間取り・価格・立地等)
  • 子どもの将来を想定に入れてなかった(間取り・環境)
  • 収入が減ったり、共働きでなくなり住宅ローンの返済が苦しい(住宅ローン)
  • 年齢とともにしんどくなった(間取り・環境・アクセス)

将来のことは想像できないけれど、ある程度の「想定」は必要です。想定しておけば「対処」ができるし「リスク対策」もできる。人生には誰もが浮き沈みがあり、想定していなかった「不測の事態」も必ずと言っていいほどやってくる。

フレキシブルに対応できれば、少なくとも大きな失敗はしないし、小さな失敗は知恵とアイデアで何とかなる。
歳を重ねると同時に、家に対する価値観や考え方も変わっていくし、家そのものの工法やデザイン、設備も進化を遂げていく。
まずは念頭にこの2つのことを頭においていただくといいかもしれません。

住まいのプランニングを読む